Recruit

スタッフインタビュー

東京営業部 商品管理課 マネージャー 小菅

東京営業部 商品管理課 マネージャー 小菅 (入社5年)

入社のきっかけ、志望動機は?

ありきたりかもしれませんが、「好きなお店で働きたい」と思ったことが入社のきっかけでした。就職活動を経て、多数の企業や職種に触れることで、「好き」を仕事にすることの大切さを実感しました。公式HPからリクルート情報を見てみると、商品管理課のアルバイト募集をしているとのこと。当時社員の募集はしていませんでしたが、こつこつ作業をすることが好きな自分に合っていると思い、アルバイトスタッフに応募をしました。

現在の役職までの経験は?

商品管理課にアルバイトとして入社をしてから、一年半後に社員になるお話をいただきました。社員として、サブ社員、レギュラー社員、リーダーとステップアップをしました。その後は、サブマネージャーも経験し、マネージャーのサポートをしていました。

現在の仕事内容は?

商品管理課のマネージャーをしています。多くのアルバイト・社員がいて、毎日たくさんの人が出勤しているのが商品管理課ですので、全体のバランスを見ながらスタッフや倉庫全体の動きをコントロールしています。
また、社内の会議では他部署マネージャーと関わることもあり、商品管理課として会社のためになにができるか?を話し合ったり、提案したりしています。

仕事のやりがいは?

毎日変化する荷物の量に応じて、社員みんなで相談し合い解決していけることです。商品管理課は、課内の従業員はもちろん、社内のたくさんの人と関わる職場です。どのようなことでも、関わる相手が「どうしたら喜んでもらえるか?」を考えているときが一番楽しいです!
また、店舗スタッフや商品を通じてお客様と関わっているお仕事ですので、店舗に立ち寄ったときには、私たちが出荷した商品が店頭に並び、お客様が手に取るのを見ては嬉しく思っています。

今後の目標は?

倉庫も、店舗数に応じて成長させていくことが目標です。店舗数が増えるにあたり、これまで円滑に行われていたお仕事でも、やり方を見なおしたり改良したりすることがあります。商品管理課のお仕事は常に変化していかなければなりません。新店舗のオープンや新ブランドの確立など、さまざまな状況の変化に適応しながら、常にパーフェクトな出荷体制を作りたいと思っています。